親知らずWisdom tooth

口腔外科医による
親知らず抜歯

当院では大学病院、総合病院で研鑽を積んだ口腔外科医が抜歯を行います。他院で断られ、大学病院へ紹介されるような難症例も対応可能です。

予約を取って頂ければ、待機時間などの大切な時間を無駄にすることがなく、抜歯をすることが可能となります。

患者様の負担を最小限にすることが重要と考えております

親知らず抜歯はどの患者様にとっても、嫌で怖いもの。難易度の高さや術後の腫れ、痛みが大きく出ることから手をつけず放置されているケースもみられます。当院では患者様の御負担を減らすために以下の配慮を行っています。

1.確実な診査・診断

外科手術の技量の高さが必要なことはもちろんですが、まず大切なことは診査診断です。現在親知らず抜歯では保険診療でもCT検査を行うことが可能になっております。

CTで歯根の形態、神経の位置関係を把握し、周囲の解剖を把握することが抜歯のスピードと安全性に寄与するものとなります。

2.短時間での抜歯

手術中は患者様が緊張される嫌な時間になることは承知の上です。コミュニケーションをとりながら口腔外科医が素早く抜歯を行っていきます。

3.痛みへの配慮

抜歯に関わらず、治療中の痛みは可能な限りなくすものと考えます。当院では通常の麻酔の他、表面麻酔、伝達麻酔をしっかり行い、完全に除痛してから抜歯させて頂きます。静脈鎮静(自費対応)も可能ですので、安心して下さい。

また抜歯にかかわらず、どの外科手術でも術後のダウンタイムでは痛みや腫れが出てしまうことがありますが、痛みの程度に応じて投薬を変えたりできますので、お気軽に御相談ください。

親知らず抜歯の流れ

御紹介患者様の受け入れ体制

当院では地域の口腔外科医院として積極的に親知らず抜歯の御紹介を承っております。御紹介頂きました患者様につきましては、御紹介させて頂いた事項のみ対応とさせて頂き、治療終了後は御紹介元の医院様へ戻って頂きます

水天宮前かきがら歯科・
口腔外科の親知らず抜歯

特徴

①口腔外科医による抜歯

親知らずは10代後半から20代にかけて生えてくる第3大臼歯のことです。現代人は顎が小さくなっているため、親知らずが口腔の深部に位置することもあり
ます。

親知らず抜歯は口腔外科の経験、知識、技術を持った医師に抜歯してもらうことをお勧めします。

当院院長は永らく大学病院、総合病院の歯科口腔外科で勤務しており、口腔外科認定医の資格を持っております。

※日本口腔外科学会認定医、専門医、指導医の詳細は下記の画像をクリックしてください。

①口腔外科医による抜歯

②土日対応

抜歯は外科処置であり、不慮の出来事が起こることもあります。

医師には対したことがない出血でも、患者様にとっては大出血にみえることもあります。
また、痛み止めがなくなり、辛い思いをさせてしまうこともあるかもしれません。

当院は土日診療であるため、そのようなことで悩まされる心配はありません。

大学病院や総合病院に行くために仕事を休む必要もないのです。

平日も19:30まで対応しております。

③院内CT

親知らず抜歯を安全に行うためにはCTをとり、3次元的に評価を行うことが大切
です。

親知らずが深部に位置する場合、周囲の神経、血管の位置関係をきちんと把握しないといけません。

当院は院内CTを完備しており、安全面を優先しております。

③院内CT
③院内CT

下歯槽神経の出口のオトガイ神経です。

このような太い神経が顎の骨の中に存在します。無理な抜歯をすると神経麻痺が生じます。

④即日抜歯

当院は急性炎症(症状が強い感染所見)がないことを条件に即日抜歯を行っており
ます。

予約の際に即日抜歯希望であること、抜きたい本数、部位をお伝え頂くと助かります。

忙しい方でもお力になれればと思います。

かなり深い埋伏抜歯と親知らず4本抜歯は要相談となります。

⑤複数歯抜歯

抜歯に自信があるため、4本同時抜歯も可能としております。

基本的に部分麻酔、局所麻酔の保険診療で行いますが、自費診療にて静脈鎮静麻酔も可能としており
ます。

不安があるが、一気に終わらせたい方など
御相談下さい。

①口腔外科医による抜歯

抜歯前のお願い

抜歯は外科手術です。危険性があると判断する場合は中止をしないといけないこともあります。

内容を十分に理解して頂いた上で抜歯を行います。

・体調を整えてください。無理はせずに延期する判断も大切です。

・麻酔の影響でしばらく食事がとりにくくなります。
時間を確認し、必要あれば軽く食事をとってきてもらっても構いません。

・患部が痛む、腫れているときは相談となります。
術前に医師から薬を処方されている場合は指示通りに内服して下さい。

①口腔外科医による抜歯

術後合併症

抜歯後に起こること

腫れが2,3日をピークに1週間程度生じ、その後自然に消退していきます。

また、痛みは麻酔がきれてから生じますが、痛み止めの内服で対応は十分可能です。

痛みは患歯の状態と個人の感受性の差によりますが、1週間から2週間で気にならなくなると思います。

それに伴い、口が開けにくい、飲み込みにくい、しゃべりにくいなど起こることもあります。長い方で3週間くらいかかる方もいますが、自然に落ち着いていきます。

出血は1,2日で収まります。

止血剤を用い、きちんと止血処置を行いますが、まれに内出血につながることがあります。アザと同じように自然と消退していきます。

ドライソケット(まれ)

抜歯後に強い痛みが長く続く場合、ドライソケットを疑います。諸説の原因はありますが、抜いた傷跡に上手く血の塊が保持できない場合に起こります。

特殊なパスタをつくり患部に貼付することで対応します。

神経損傷(知覚鈍麻、味覚障害)
(非常にまれ)

神経組織は非常に敏感な組織であり、少々の圧迫や空気への接触などでも麻痺が起きることがあります。もし起きたとしても、薬の投薬で改善することが多いです。

様々なことが術後合併症として起こりえますので、安全のために大切な用事は、抜歯後3,4週間は余裕をもってスケジュールを組むとよいかと思います。

親知らず抜歯の実績

2020年親知らず抜歯本数
※5月〜

  • 総抜歯本数201
  • そのうち埋伏抜歯の数121

 

  • 5月6
  • 6月34
  • 7月48
  • 8月53
  • 9月60